分散投資で投資リスクを減らす

株式投資は、利益を得られることが出来るものですが、投資にはリスクが付き物です。
投資に付きまとうリスクを軽減させるには分散投資が有効です。
リスク管理で非常に重要な手法と言えるため、投資のリスクを減らしたい人は今回の記事を参考に分散投資を試してみてください。

投資のリスク

株式投資に付きまとうリスクは、「価格変動リスク」、「為替変動リスク」、「信用リスク」、「カントリーリスク」という4つのリスクがあります。
価格変動や為替変動は、投資においていつでも起こる可能性のあるリスクです。
信用リスクやカントリーリスクは名前の通り、企業の信用悪化や財務状況の悪化、国の情勢悪化によって起こるリスクです。
大きく分けて4つのリスクが、投資家の損失の可能性を生み出しています。
しかし、分散投資をすることでこのリスクを減らすことができるのです。

分散投資でリスクを軽減する

分散投資でリスクを減らすためには、資産と地域、そして時間を分散させることが大切です。
資産と地域の分散とは、一つの資産や国だけに投資をするのではなく、複数の資産や国に投資をするということです。
例えば、国内の株式だけに投資をしていた場合に、国内情勢が悪化して企業の業績が下がってしまうと、自身の利益が減ってしまいます。
しかし、外国の株式も持っていた場合、その損失をカバーできます。
資産と地域の分散とは、価格変動リスクと為替変動リスクに対応することが可能になります。
次に、時間の分散ですが前述した資産と地域の分散より難易度が高い分散方法になります。
時間の分散は、投資のタイミングを分散させることが必要になる手法です。
時間の分散には、ドルコスト平均法というものがあります。
ドルコスト平均法は、一定の金額で定期的に資産を買い付ける手法です。
安値で株式を買うことが難しいため、高値で株式を買わないということを前提にした手法で有効なのがドルコスト平均法です。
少ない資金で多くの株を買うというコストパフォーマンスに優れた手法と言えるため、初心者の方にもおすすめできます。

投資のリスクを抑えるためには投資先の分散が必要です。
投資はそうしてもリスクが付いてきます。
しかし、そのリスクを何もせず受け入れるより、対策を立てて投資を行うことが自身の資産を増やし守ることにつながります。
分散投資でリスク管理を徹底することをおすすめします。
自分では難しいと考えた方は投資顧問の利用を検討しましょう。
投資顧問の一つ「雅投資顧問」は、リスク管理や資産運用代行など様々な投資家のニーズに応えるサービスを展開しています。
このような投資顧問を利用することも資産運用では大切になってきます。