短期間で利益を狙うスイングトレードとは

日中に本業があるサラリーマンの方は、本業を疎かにしないように投資をしなければいけません。
しかし、短期間で利益を上げるデイトレードなどは、常に相場を確認していなければ利益を出すことは難しいでしょう。
そんな、本業があるため短期取引ができないという方に試してもらいたい取引手法が「スイングトレード」です。
今回は、スイングトレードについてご紹介していきます。

スイングトレードとは

株式投資の投資手法は、短期トレードと中期トレード、そして長期トレードの3つがあります。
スイングトレードはこの3つの中の短期トレードに分類され、株式を最大で数ヶ月の期間保有する取引です。
スイングトレードは、企業の業績や価値を見るファンダメンタルズ分析よりも、チャートや過去の株価を参考に売買時のタイミングを計るテクニカル分析を重視して取引を行います。
スイングトレードの利点は、デイトレードのような常に株価を監視することがないことです。
細かい値動きを気にしないため、上昇トレンドや下降トレンドを指標に売買のタイミングを判断します。

日中に本業がある人でもできるのか

株取引は、取引時間が決まっており、平日の9時から11時30分と12時30分から15時までとなっています。
株取引の時間が日中の間と決められているため、日中に本業があるサラリーマンの方は取引が難しいと感じる方は多くいます。
しかし、取引ができないだけで注文は深夜の時間帯でもできるのです。
取引時間外に注文したものは翌日の注文として扱われます。
指値注文と逆指値注文で希望する価格と数量を注文できます。
指値注文をすることで、希望する価格より安ければ購入や高ければ売却などが可能です。
逆指値注文をすると、希望する価格より高ければ購入や安ければ売却などが可能になります。
取引時間外でもこのような注文ができるため、本業が終わった後にトレンドなどを分析して投資が行えます。
メリットばかりのようなスイングトレードには、取引時間外の情報で株価の影響が出るデメリットもあるため注意が必要です。

スイングトレードは、日中に本業があるサラリーマンでも、テクニカル分析で利益を出せるためおすすめの投資方法となります。
本業に差し支えないようにできることが大切なことなので、無理な投資は避けましょう。
投資運用が上手くいかない方は、投資顧問に相談しましょう。
投資顧問の一つである「雅投資顧問」は、無料銘柄相談や投資運用の代行のサービスを展開しているおすすめの投資顧問です。
信頼できる投資顧問を選んで満足のできる投資を行いましょう。