資産運用でお得に節税する方法

資産運用をする上で、税金の対策はネックになります。
基本的には避けて通ることができませんが、ちょっとした工夫をすることで税金の額を大幅に減らすことが可能なのは知っていますか?
税金の申告方法や投資の方法なども様々あるため、自分にあったものを選んだ上で節税する必要があります。
今回は、資産運用で節税をする方法についてご紹介していきましょう。

資産運用で得た利益は税金の対象

資産運用には色々な方法があり、株式投資、債権、FX、資産運用信託、不動産投資など様々です。
同じように資産運用にも税金の種類が複数あり、選んだ税金制度によって税率は異なります。
資産運用では、主に3つの税金制度が利用されています。

総合課税
他の所得と合算して課税金額を計算し、税率は所得により5%~45%

申告分離課税
他の所得とは分離して税金を計算し、確定申告で税金を納める。
税率は原則固定で20.315%。

源泉分離課税
他の課税所得と別で税金の対象額が決まり、自分で確定申告しなくて良い。
税率は原則20.315%で、償還差益は18.378%

上記で挙げたどの税金制度になるかは、投資商品の種類と課税所得によって変わります。

税金対策をするためにはNISAを活用

NISAは、少額資産運用非課税制度を指し、資産運用をしている個人の投資家をサポートしてくれる制度です。
NISAを利用することで、税金対策をすることができる優秀な制度で、大幅に節税することができるでしょう。
5年間、年120万円まで非課税枠があり、最大600万円分の利益を税金の対象外にすることが可能で、確定申告が要りません。
通常の口座で資産運用をして100万円の利益を得たとしたら、約20万円の税金をとられてしまいますが、NISAの口座を開設すれば非課税で済むのです。
株の配当金や分配金も非課税で済むため、資産運用をするのであれば必ず活用したい制度でしょう。
NISAの口座は、金融機関によって管理されているので税額処理は金融機関側が行うことになります。
そのため、面倒な確定申告をする必要がないのもNISAのメリットと言えるでしょう。

損失が発生した場合は損失の申告をしよう

資産運用中に損失が発生した場合は、確定申告をすることで翌年の資産運用の利益からその損失額を控除することが可能で、この控除は最長3年まで遡ることができます。

課税所得が高い人は、分離課税をし、所得が低い人は総合課税を利用してみてはいかがでしょうか?
また、投資顧問を利用するのであれば、雅投資顧問を利用して資産運用をすることをおすすめします。