資産運用の評価のタイミングを関連サイトの情報を参考に考えよう!

1991年のバブル崩壊から今年で早28年。

まもなく、「失われた20年」にとって代わり「失われた30年」と呼ばれる日も近い昨今ですが、あの時と比べると、サラリーマンのみならず経営者、主婦、高齢者などの表情は、多くは暗く感じることでしょう。多くの日本人が、この時にできた負の反動に振り回された影響が今も続いている証拠です。

バブル世代の人の話では

しかし、仮にこの時と同等またはそれ以上の経済状況が再来したとしても、ディスコに通ったり高級車を乗り回したりといった光景がみられるかと言いますと、必ずしもそうとは言えない気がします。この長きにわたる不景気の影響で、何事も堅実に進めようとする動きがあるからです。かつて、バブル世代と言われた50代以降の方々の話を聞くと「あのころのようなお金の在り方や使い方は、今の日本にはできることではない」という話はよく聞きます。しかし、そんな中だからこそ資産運用が一定の評価ある取り組みと言えるでしょう。

人生の幸福とは?

資産運用は単なる生活の向上を目指すだけではありません。お金、土地、会社などで作り上げてきた功績といったものから、妻、子供、親といった家族の形成など、人生を形成するすべてのものを「資産」に置き換えて考えることで、時代の波に翻弄はされてきたとはいえ、決して無駄なものばかりではないと振り返ることができます。それを実感できたとき、人生の幸福を実感できることでしょう

資産運用の評価

というわけで、自分の資産運用はどう評価されるかということについて考える必要があります。そのタイミングは、「いつやるの、今でしょ!」という言葉もある通り、それこそすぐと行きたいところですが、実際のところ、なかなかそうもできるものではないでしょう。

それなら、下記のタイミングで考えてみることを提案します。

・成人したとき
・中学校を卒業し義務教育を終えたとき
・高校または大学、専門学校など義務教育ではない教育機関を卒業したとき
・会社に入社して社会人としてスタートを切った時
・ある程度の社会人としての経験を積んで引き続き出世コースを歩もうとするとき
・独立志向が出て開業に向けて動き出したとき
・実際に独立開業したとき
・会社を事業承継したとき
・結婚したとき
・子供ができたとき
・子供が独立したとき
・定年または自主退職をしたとき
・ひと段落ついて落ち着いた余生を考え始めたとき

こういった人生の節目の時に評価することで、より価値あるものになります

さいごに

もし、それでも自信がない、怖いといった後ろめたさがあるなら、あなたの資産運用を評価することができる可能性がある情報を掲載したサイトを検索して、そこに投稿されている実録ネタを見てみるところから始めるのも手です。そこには、絶対に同じ悩みを持った人たちが、勇気を振り絞って投稿したものがあります。それは一つの指針になることでしょう。読んでいるうちに落涙するくらい共感するものもあるかもしれません。新たな発見を自らしていきましょう。