資産運用方法の投資信託でリスクとリターンを評価する

資産運用の方法の一つにファンドといわれる投資信託があります。
投資信託は株式投資のように、自分で株価の推移に注視し、売り買いのタイミングを見計らうといった醍醐味はありませんが、相場を見誤って大きな損失を出すリスクが少ないのも魅力です。
ではリスクが少ないということは、その側面でもあるリターンも少ないのでしょうか。

投資信託とは

投資信託は株式投資のように、自分で株式銘柄を選定したり、売り買いのタイミングを見計らったりするのでなく、信託会社にお金を預け、信託会社は沢山の顧客から預かったお金で株式や債券に投資運用する一つの商品名で、ファンドともいわれるものです。

自分自身で銘柄を決め、売買のタイミングを見極めて結果に一喜一憂する醍醐味はありませんが、プロが運用してくれている分リスクは少ないというメリットがあります。

投資信託のリスクとリターンは

ただプロが運用するとは言え、リスクがない訳ではありません。
もちろん株式でも一般投資家が行う場合よりも負ける確率や、損切りを見極める目は確かなはずです。
それでも必ず全勝が保証されているわけではありません
また個人で株式運用する場合に比べ、安心感があるので大きな投資をすることもあり、勝てば配当金も多くなりますが、その分負ければ損失も大きくなります。

一方リターンですが、儲けは出資者の出資率で山分けなので、個人で行っているような独り占めにはなりません
どちらかと言えばローリスク・ローリターンの部類に入る投資法と言えそうです。

ファンドのメリットをどう評価するか

ファンドには様々なメリットがあります。
まず株式のような事前の大きな資金が必要なく、10,000円程度からでも始められます
また前述のようにプロが運用してくれるので、損失を出す可能性が低くなります。
更に信託会社におまかせで運用できるので、サラリーマンや自営業など仕事を持っていて忙しい人でも煩わしい管理が必要ありません。
そしてもう一点、一つの銘柄だけでなく、いろいろな銘柄や債券、海外為替など多岐に分散投資できるので、リスクを分散できることもメリットのひとつです。

一方、ファンドには買付手数料や管理費といった出費もあり、元本も保証されていないというデメリットもあります。
このメリットとデメリットをどう評価するかも重要となります。

手持ち資金やリスクへの考え方で評価も違ってきますが、資産運用に最適と評価の高いサイトなどには、既にファンドを利用している人の意見なども書き込まれているので、参考にしてみてはいかがでしょう。