投資したら放置するバリュー投資とは

株式投資における投資の手法は様々な種類があるため、自身の投資スタイルに合う手法を探すことは大切です。
数ある投資手法の中で、投資をした後はほぼ何もしないという手法があります。
今回は、その手法をご紹介します。

放置する投資手法「バリュー投資」

株式などに投資をした後、売買のタイミングを見計らい取引を行うことが投資の基本ですが、バリュー投資という手法では、株式を購入した後は基本的に何もせず放置します。
バリュー投資とは、正当な評価をされていない企業などの割安な株式を購入して長期的に保有し続ける投資方法です。
企業価値が高いはずなのに正しく評価されていないということは、時間がたてば正当な評価がされて株価の上昇につながることになります。
割安で購入した株式が長期間で大きい利益を生む株式になることを狙う投資方法がバリュー投資の真髄と言えるでしょう。

バリュー投資では、株式を購入した後は株価が上昇するまで基本的に放置をします。
つまり、売買のタイミングを気にしなくても良いということです。
短期的な取引は、常に相場を確認していなければ損失が大きくなるかもしれませんが、バリュー投資は長期的な取引のため、日中は本業で忙しい方に合う投資スタイルと言えます。
最安値で購入しているため、高値掴みのリスクも減らすことができるため、損失を抑えることが可能になります。

バリュー投資のデメリット

バリュー投資は、長期投資のため売買のタイミングを気にしなくても良いと前述しましたが、利益を早く得たい方には、この長所が短所になってしまいます。
割安で購入した株式の価格がいつ上昇するかは、誰にもわかりません。
そのため、利益が確定するまで半年以上掛かることもあります。
さらに、企業価値の分析が難しいこともデメリットです。
企業価値の分析が正しくないと、その株式の価格は本当に割安なのか分かりません。
株式が割安かの目安は、PERとPBRで判断しましょう。
PERとは「株価収益率」、PBRとは「株価純資産倍率」のことです。
この2つをチェックすることで株価が割安かどうかが分かります。
この2つ以外が原因で、株価が下がっている場合もあるため下調べは入念にしておきましょう。

バリュー投資は、利益の確定が遅い代わりに、自由な時間と大きな利益の可能性を持ちます。
しかし、株式の分析が難しいため割安な株式かどうかの判断は慎重に行いましょう。
自分では判断ができないという方は、投資顧問の利用をおすすめします。
「雅投資顧問」では、銘柄の情報や資産運用の代行などの、サービスを展開しているので初心者の方でも安心してご利用できます。
信頼のできる投資顧問を見つけることと資産運用に最適と評価の高いサイトに出会うことで、失敗のない投資を行うことができます。

早めの時期から資産運用をするメリット

近年、年金対策に向けて資産運用を始める人が多くなっているのは知っていますか?
資産運用の方法は、土地を活用する方法やFXなど色々あります。
富豪の間では、現金以外の金やジュエリー、アンティークコインなどを資産として持つ人も増えているのが実態です。
今回は、早めの時期から資産運用をするメリットをご紹介していきましょう。

複利効果で資産が倍に

資産運用をする時には、2つの利息の付き方があります。
元本にだけ利息が付く「単利」、元本と利息に利息が付く「複利」の2種類があり、複利効果を利用して上手に資産運用をしましょう。
複利効果がある場合は、利回り×運用年数=70%になると、資産が約2倍になるためお得となります。
単利の場合の資産の増え方は比例的ですが、複利の場合は指数的になるため、早い時期に資産運用を始めれば始めるほど大きく資産を増やせるでしょう。

年金が期待できないため、早めに資産運用を始めることで老後までに資産運用の知識を身に付け、資産を増やすことができます。
年金は期待できないのが現状となっているため、資産は自分で増やすしかなく老後になってから資産運用を始めるのはリスクがあります。
退職金を利用して資産運用をスタートした場合、知識と経験が浅いせいで元本割れや、大きいマイナスとなってしまいます。
運用金額が少ない内は資産運用で失敗しても損失額も少なく済みますが、運用金額が大きい場合には、きちんとした知識と経験が必要と言えるでしょう。

資産運用を後押しするような環境になっている

2016年の1月に導入された、マイナス金利政策を知っていますか?
この政策により、定期預金だけでなく国債の金利が下がり、従来の資産運用では利息がほとんど付かなくなってしまいました。
2023年までは現状の金融対策が続くと言われているため、資産運用もその対策に合わせたものにしなければなりません。
また、iDeco(個人型確定拠出年金)は、2017年に制度が変わり、企業型確定拠出年金に加入済みの公務員や主婦でも加入できるようになりました。
毎月の掛金の所得控除ができるメリットがあるため、運用益は非課税で済み、60歳から給付を受ける際にも控除が可能なのでとてもお得な個人年金です。

iDecoを上限まで活用し、早い時期から資産運用をすることで様々なメリットがあるため、資産が目減りしないためにも資産運用をしてみてはいかがでしょうか?
雅投資顧問を利用することで、投資のプロにアドバイスを受けながら資産運用をすることができるのでおすすめです。

短期間で利益を狙うスイングトレードとは

日中に本業があるサラリーマンの方は、本業を疎かにしないように投資をしなければいけません。
しかし、短期間で利益を上げるデイトレードなどは、常に相場を確認していなければ利益を出すことは難しいでしょう。
そんな、本業があるため短期取引ができないという方に試してもらいたい取引手法が「スイングトレード」です。
今回は、スイングトレードについてご紹介していきます。

スイングトレードとは

株式投資の投資手法は、短期トレードと中期トレード、そして長期トレードの3つがあります。
スイングトレードはこの3つの中の短期トレードに分類され、株式を最大で数ヶ月の期間保有する取引です。
スイングトレードは、企業の業績や価値を見るファンダメンタルズ分析よりも、チャートや過去の株価を参考に売買時のタイミングを計るテクニカル分析を重視して取引を行います。
スイングトレードの利点は、デイトレードのような常に株価を監視することがないことです。
細かい値動きを気にしないため、上昇トレンドや下降トレンドを指標に売買のタイミングを判断します。

日中に本業がある人でもできるのか

株取引は、取引時間が決まっており、平日の9時から11時30分と12時30分から15時までとなっています。
株取引の時間が日中の間と決められているため、日中に本業があるサラリーマンの方は取引が難しいと感じる方は多くいます。
しかし、取引ができないだけで注文は深夜の時間帯でもできるのです。
取引時間外に注文したものは翌日の注文として扱われます。
指値注文と逆指値注文で希望する価格と数量を注文できます。
指値注文をすることで、希望する価格より安ければ購入や高ければ売却などが可能です。
逆指値注文をすると、希望する価格より高ければ購入や安ければ売却などが可能になります。
取引時間外でもこのような注文ができるため、本業が終わった後にトレンドなどを分析して投資が行えます。
メリットばかりのようなスイングトレードには、取引時間外の情報で株価の影響が出るデメリットもあるため注意が必要です。

スイングトレードは、日中に本業があるサラリーマンでも、テクニカル分析で利益を出せるためおすすめの投資方法となります。
本業に差し支えないようにできることが大切なことなので、無理な投資は避けましょう。
投資運用が上手くいかない方は、投資顧問に相談しましょう。
投資顧問の一つである「雅投資顧問」は、無料銘柄相談や投資運用の代行のサービスを展開しているおすすめの投資顧問です。
信頼できる投資顧問を選んで満足のできる投資を行いましょう。

分散投資で投資リスクを減らす

株式投資は、利益を得られることが出来るものですが、投資にはリスクが付き物です。
投資に付きまとうリスクを軽減させるには分散投資が有効です。
リスク管理で非常に重要な手法と言えるため、投資のリスクを減らしたい人は今回の記事を参考に分散投資を試してみてください。

投資のリスク

株式投資に付きまとうリスクは、「価格変動リスク」、「為替変動リスク」、「信用リスク」、「カントリーリスク」という4つのリスクがあります。
価格変動や為替変動は、投資においていつでも起こる可能性のあるリスクです。
信用リスクやカントリーリスクは名前の通り、企業の信用悪化や財務状況の悪化、国の情勢悪化によって起こるリスクです。
大きく分けて4つのリスクが、投資家の損失の可能性を生み出しています。
しかし、分散投資をすることでこのリスクを減らすことができるのです。

分散投資でリスクを軽減する

分散投資でリスクを減らすためには、資産と地域、そして時間を分散させることが大切です。
資産と地域の分散とは、一つの資産や国だけに投資をするのではなく、複数の資産や国に投資をするということです。
例えば、国内の株式だけに投資をしていた場合に、国内情勢が悪化して企業の業績が下がってしまうと、自身の利益が減ってしまいます。
しかし、外国の株式も持っていた場合、その損失をカバーできます。
資産と地域の分散とは、価格変動リスクと為替変動リスクに対応することが可能になります。
次に、時間の分散ですが前述した資産と地域の分散より難易度が高い分散方法になります。
時間の分散は、投資のタイミングを分散させることが必要になる手法です。
時間の分散には、ドルコスト平均法というものがあります。
ドルコスト平均法は、一定の金額で定期的に資産を買い付ける手法です。
安値で株式を買うことが難しいため、高値で株式を買わないということを前提にした手法で有効なのがドルコスト平均法です。
少ない資金で多くの株を買うというコストパフォーマンスに優れた手法と言えるため、初心者の方にもおすすめできます。

投資のリスクを抑えるためには投資先の分散が必要です。
投資はそうしてもリスクが付いてきます。
しかし、そのリスクを何もせず受け入れるより、対策を立てて投資を行うことが自身の資産を増やし守ることにつながります。
分散投資でリスク管理を徹底することをおすすめします。
自分では難しいと考えた方は投資顧問の利用を検討しましょう。
投資顧問の一つ「雅投資顧問」は、リスク管理や資産運用代行など様々な投資家のニーズに応えるサービスを展開しています。
このような投資顧問を利用することも資産運用では大切になってきます。

資産運用でお得に節税する方法

資産運用をする上で、税金の対策はネックになります。
基本的には避けて通ることができませんが、ちょっとした工夫をすることで税金の額を大幅に減らすことが可能なのは知っていますか?
税金の申告方法や投資の方法なども様々あるため、自分にあったものを選んだ上で節税する必要があります。
今回は、資産運用で節税をする方法についてご紹介していきましょう。

資産運用で得た利益は税金の対象

資産運用には色々な方法があり、株式投資、債権、FX、資産運用信託、不動産投資など様々です。
同じように資産運用にも税金の種類が複数あり、選んだ税金制度によって税率は異なります。
資産運用では、主に3つの税金制度が利用されています。

総合課税
他の所得と合算して課税金額を計算し、税率は所得により5%~45%

申告分離課税
他の所得とは分離して税金を計算し、確定申告で税金を納める。
税率は原則固定で20.315%。

源泉分離課税
他の課税所得と別で税金の対象額が決まり、自分で確定申告しなくて良い。
税率は原則20.315%で、償還差益は18.378%

上記で挙げたどの税金制度になるかは、投資商品の種類と課税所得によって変わります。

税金対策をするためにはNISAを活用

NISAは、少額資産運用非課税制度を指し、資産運用をしている個人の投資家をサポートしてくれる制度です。
NISAを利用することで、税金対策をすることができる優秀な制度で、大幅に節税することができるでしょう。
5年間、年120万円まで非課税枠があり、最大600万円分の利益を税金の対象外にすることが可能で、確定申告が要りません。
通常の口座で資産運用をして100万円の利益を得たとしたら、約20万円の税金をとられてしまいますが、NISAの口座を開設すれば非課税で済むのです。
株の配当金や分配金も非課税で済むため、資産運用をするのであれば必ず活用したい制度でしょう。
NISAの口座は、金融機関によって管理されているので税額処理は金融機関側が行うことになります。
そのため、面倒な確定申告をする必要がないのもNISAのメリットと言えるでしょう。

損失が発生した場合は損失の申告をしよう

資産運用中に損失が発生した場合は、確定申告をすることで翌年の資産運用の利益からその損失額を控除することが可能で、この控除は最長3年まで遡ることができます。

課税所得が高い人は、分離課税をし、所得が低い人は総合課税を利用してみてはいかがでしょうか?
また、投資顧問を利用するのであれば、雅投資顧問を利用して資産運用をすることをおすすめします。