資産運用の評価は明確なビジョンを持つことから始まる!

税金対策、金融商品の加入など複雑な要素が入り乱れる資産運用。当然、それらを把握したしながらポートフォリオの形成をしなくてはなりません。ただ、残念なことにそれが形成されていても、成功する人もいれば失敗する人もいます。「成功者と失敗者がいて成り立つ資本主義」が日本の社会構造とはいえ、とても世知辛いことです。

大切なことを知っておきましょう

さて、そんな資産運用ですが、ポートフォリオの形成のための勉強と実際の運用実績を作り続けること以外に、大切なことが2点あります。
まずは、自分を支援してくれる人たちの存在です。家族や友人、その他さまざまですが、資産運用はその人たちを巻き込んで形成することになります。だから、その方たちからの支援をもらえるように努めること、そして信頼を守ることです。これがなければ資産運用には臨めません。「絶対にやり遂げるから」という意気込みを感じることがない人に対して支援の見込が立つわけがないからです。

何のための運用か?

そして、もう一つが「そもそも資産運用をするのは何のためなのか?」という根本的なビジョンを常に考えて維持し続けることです。

・豊かになりたい
・自分の家族を旅行に連れていきたい
・将来起業を考えているので資金を作りたい
・老後に備えたい
・育成事業をしたい

上記のように色々なビジョンがあれば、本来はやらなかったり面倒と思っていることに対しても、積極的に取り入れたり動いたりできます。本来それは辛いはずなのに成功するためのプロセスと位置づけて取り組むことができます。

映画監督のスピルバーグ氏は、世界的な名声を得ている今ですら、「映画作りに関して疑問を持った時は、映画監督を志すきっかけとなったアラビアのロレンスや七人の侍などを見直すことで原点に返るようにしている」というコメントを残しているくらいです。その分野の一流の実績と実力を持った人でも、自分が抱いてきたビジョンの評価を怠ってはいないということ。

明確なビジョンが必要

あなたの資産運用を評価するサイトには、それに対する情報もたくさん転がっています。例えば、100億円以上という破格の負債を持ったものの、自己資金には手を付けない、銀行との交渉をしっかりと段階を踏んで行う、断捨離を徹底的に行うといった明確なビジョンをもって取り組んで自力返済をした事業者の話があります。今ではその時の体験談を基に中小企業の支援事業の会社を立ち上げて奮闘していますが、その姿は多くの中小企業の経営者から評価を得ています。

さいごに

もし、あなたが資産運用に対して行き詰った時は、上記のことを追求することが一つの打開策となるかもしれません。