ポートフォリオは意識した資産運用の評価もまた大事です!

資産運用も含めて金融の勉強をしていくと必ずと言っていいほど目にしたり聞いたりする言葉の一つに「ポートフォリオ」があります。これは、一言でいえば「金融商品の組み合わせ」を意味する言葉です。もともとは「書類を入れる」といった言葉からの派生です。

多大なコストも予想される

そもそも、資産運用の理想形は、「保険の加入や株式の購入、不動産による収入といった考えられること全てを成功させ、それらをレーダーチャートに表示すれば全ての分野がMAX値に届く状態」という思う人は多いかもしれません。
しかし、それは簡単にできることではないのです。なぜなら、それを維持するために多大なコストも予想されることや、相応のリスクも抱えてしまう可能性があるからです。よって、個人、法人の形態を問わず理想のように見えて現実的ではないということです。

資産運用が評価されるのは?

では、どんなものが資産運用の理想形と言いますと、必要以上のコストをかけずに各々の事情に即した理想的なバランスを成り立たせる状態です。逆に言えば、資産運用が評価されるのは、その点ができているかと言えます。
事例に挙げますと、例えば、保険の加入をする際のことを「これだけの保障があれば安心」と言わるがままに入ったとしましょう。その後、平穏無事に過ごしたため保険金の請求が特に発生しないという状況が続けば、保障内容と共に支払う保険料の見直しも考えるようになるかもしれません。万が一というのはいつ起きるか分からず、安易に断行するものでもなく、「このお金を別なことに投資できたらいいのではないか」という思いを無理して抑えるのも得策とは言えません。

分析をすることは必須

株式の購入にしても、これから伸びるA社の株がとてもよさげに見えますが、「10年後にはB社が追い抜く」と分析できたら、ある程度の割合配分を考えて購入した方がいいかもしれないといったことが想像できますよね。
こういった、持っている金融商品のポートフォリオのバランスが加入当時のままでも大丈夫かどうかの定期的な評価もまた資産運用のポイントです。そして、それに関して悩みがあれば、あなたの資産運用を評価するサイトの存在を知っておくことです。
そこには、資産運用を進めている人たちがどういうタイミングで今までのことを振り返るかを取り上げた記事もあがっていますので、一度確認してみることです。

いかがでしたか?

最後に、ポートフォリオをもっとわかりやすく言うと、「上腕二頭筋と逆三角形で構成された引き締まった体つき」といったところです。無駄がなくて目を惹きますよね。それと同じくバランスが取れたものであれば、金融商品をよく考えて組み合わせて運用されていて、リスクも最小限に抑えている印象を持たれやすくて高い評価を得られるでしょう。ぜひ、頑張って目指しましょう!

資産運用の評価は明確なビジョンを持つことから始まる!

税金対策、金融商品の加入など複雑な要素が入り乱れる資産運用。当然、それらを把握したしながらポートフォリオの形成をしなくてはなりません。ただ、残念なことにそれが形成されていても、成功する人もいれば失敗する人もいます。「成功者と失敗者がいて成り立つ資本主義」が日本の社会構造とはいえ、とても世知辛いことです。

大切なことを知っておきましょう

さて、そんな資産運用ですが、ポートフォリオの形成のための勉強と実際の運用実績を作り続けること以外に、大切なことが2点あります。
まずは、自分を支援してくれる人たちの存在です。家族や友人、その他さまざまですが、資産運用はその人たちを巻き込んで形成することになります。だから、その方たちからの支援をもらえるように努めること、そして信頼を守ることです。これがなければ資産運用には臨めません。「絶対にやり遂げるから」という意気込みを感じることがない人に対して支援の見込が立つわけがないからです。

何のための運用か?

そして、もう一つが「そもそも資産運用をするのは何のためなのか?」という根本的なビジョンを常に考えて維持し続けることです。

・豊かになりたい
・自分の家族を旅行に連れていきたい
・将来起業を考えているので資金を作りたい
・老後に備えたい
・育成事業をしたい

上記のように色々なビジョンがあれば、本来はやらなかったり面倒と思っていることに対しても、積極的に取り入れたり動いたりできます。本来それは辛いはずなのに成功するためのプロセスと位置づけて取り組むことができます。

映画監督のスピルバーグ氏は、世界的な名声を得ている今ですら、「映画作りに関して疑問を持った時は、映画監督を志すきっかけとなったアラビアのロレンスや七人の侍などを見直すことで原点に返るようにしている」というコメントを残しているくらいです。その分野の一流の実績と実力を持った人でも、自分が抱いてきたビジョンの評価を怠ってはいないということ。

明確なビジョンが必要

あなたの資産運用を評価するサイトには、それに対する情報もたくさん転がっています。例えば、100億円以上という破格の負債を持ったものの、自己資金には手を付けない、銀行との交渉をしっかりと段階を踏んで行う、断捨離を徹底的に行うといった明確なビジョンをもって取り組んで自力返済をした事業者の話があります。今ではその時の体験談を基に中小企業の支援事業の会社を立ち上げて奮闘していますが、その姿は多くの中小企業の経営者から評価を得ています。

さいごに

もし、あなたが資産運用に対して行き詰った時は、上記のことを追求することが一つの打開策となるかもしれません。

資産運用の評価には所得税などの税金を知ることも必要です!

資産運用と聞くと、複雑な内容を連想する人は多いでしょう。確かに、金融商品をうまく活用することや、元から保有している資産から収入形成をしなくてはなりません。しかし、それら以外にも対応しておかないといけないのが税金の存在です。
ただ、一言で税金と言っても、相続によって発生する相続税、贈与によって発生する贈与税、あとは毎日の食材や生活用品などを購入することで一定の税率がかかる消費税などさまざまです。

基本を理解しておきましょう

せっかく、苦労して設計した資産運用で入るようになったお金の一定額の納税という現実は、納税の義務があるとは言えなんとかならないものかと考えがちです。ただ、それをどうにかしようと思っていても、税金自体が難しいため、公認会計士や税理士、ファイナンシャル・プランナー、資産運用のコンサルタントといった専門家に任せがちです。
ただ、普通にサラリーマンの立場ならそれで止まってもいいかもしれませんが、自ら資産運用をする立場であれば、基本だけでもいいので理解をしましょう。その取り組みもまた評価される要素です。

所得税の基本となるものは10種類

例えば、資産運用に大きく関わってくる所得税の基本は押さえておきましょう。恐らくこれがもっとも考えなければならない税金です。全部で10種類あります。よく見かけるものもあれば、どういったことを指すのか、内容が不透明に感じるものもあったりします。
特に関連ある種類をご紹介しましょう。
事業所得、不動産所得、配当所得、山林所得に加え、譲渡所得(土地、建物、株式、ゴルフ会員権)、一時所得(懸賞、クイズの賞金など)、雑所得公的年金(生命保険年金など)

サイトには税金の仕組みがわかりやすく掲載

上記は基本になりますが、これだけでも「○○を得たらこの形で税金がかかる」という認識になることで、それに備えた税金対策を考えるようになるでしょう。それもまた、資産運用の必須事項です。人は、生きているというだけで何かしらの税金がかかるものですね。
幸いなことに、あなたの資産運用を評価することができると思われるサイトには、こういった税金の仕組みが初心者でも理解できるように解説も交えて掲載されているし、うまく対策をしたことで還付金を受けることができるネタも投稿されています。これを聞くと、税金とて、対応次第では資産運用をうまく運ぶための役割を果たせる可能性があるということです。

不動産投資の資産運用で目にする積算評価とは

不動産、とりわけ土地を所有している人は、土地活用で資産を増やせないかと考えるのは自然な流れです。
不況の中、土地という不動産を持っているだけでいざという時の保険に。
しかし肝心なのはその土地をどう評価して、どのように役立てるかです。
不動産で資産運用を考える場合、その評価には積算評価というものがありますが、ご存知でしょうか。

不動産の積算評価

親から引き継いだ土地や建物がある。
これは将来万が一の場合には大きな保険になりますね。
ただそんな先のことよりも固定資産税も大変なので、早々に売ってしまって現金に変えたいという人もいることでしょう。

土地を売却するにしても、何かに転用して土地活用で収益を得るにしても、その土地の評価価値を把握しておくことが大切です。
そこで不動産による資産運用に最適と評価の高いサイトなど確認すると『積算評価』という文字を目にすることがあります。
この積算評価とは何か。

土地の評価価値を算出する場合、面積に路線価と言うものを掛けた値が資産価値になります。路線価は毎年国土交通省が公示する地価価値で、路線価はおおよそその値に8割を掛けた数字に。正確にはこれに掛目が考慮されますが、ここでは省略いたします。

もちろん建物にもこうした積算評価基準があり、例えば不動産を担保に銀行から融資を受ける場合には、土地と建物は別々に積算評価して合算する方式が取られます。

不動産の使いみちを検討

このように不動産で資産運用を考えているのであれば、自分の持っている不動産を正しく評価しておくことが大切です。
積算評価を把握しておけば、その先どのような運用ができるかの目安になります。
次はその不動産をどう使うのか検討します。
その前にどういった目的で運用していくのかを明確にしておくことが大切です。
今直ぐまとまった資金が必要というわけでなく、固定資産税負担を軽減するためだけであれば、もっと有効な土地活用方法があるかもしれません。
その時大切なのがインカムゲインキャピタルゲインという考え方です

資産運用での受益方法

不動産に限らず、何らかの資産運用で利益を得る場合、その資産を手放さずに持ち続けることで利益を得るインカムゲインと、逆に手放してしまう(売却する)事で利益を得るキャピタルゲインがあります
まさしく不動産は手っ取り早く売ってしまえばキャピタルゲインで、その土地を駐車場にして貸したり、果樹園などにして付加価値を加えることで利益を生み続ければインカムゲインになります。
どのように資産を増やすかは判断力によります。

資産運用で発生するリスクを予め評価し許容範囲を決めておく

資産運用はどのような投資を選んでも必ず何らかのリスクは覚悟しなければいけません。
仮に全くリスクがなくて誰でも参入できるような資産運用方法があれば、多くの人が群がり、市場が飽和して儲けが薄くなるというリスクが発生するはずです。
したがって資産運用を始めるのであれば、予めどのようなリスクが考えられるのか検証し、どの程度までなら許容範囲なのかを評価しておくことが大切です

資産運用で利益を得る方法

何かに投資して利益を得る方法は以下の2種類に大別できます。

インカムゲイン:安定した株式を保有し配当金を得続けたり、アパート経営で家賃を得続けるといった、資産を手放さすに保有し続けることによって得られる利益です。

キャピタルゲイン:持っていた土地を買い取ってもらったり、株価が上昇したので売却して差益を得たりと、資産を手放すことで得られる利益です。

資産運用と一口に言ってもその方法は様々です。
しかし利益の得られる方法はこの2つに限定されます。
あくまでも一般論ですが、この2つを評価した場合、インカムゲインに比べキャピタルゲインの方がリスクは高くなります

資産運用のリスク

インカムゲインは資産を保有し続けるので、例えばアパートで空き室が多くて利益が少なくなるというリスクを負っても、土地やアパートは残るので新たに改装するといった戦略でもう一度やり直すことも出来ます。
ちなみにアパート経営をやめてしまって、その物件を売却すればその時点でキャピタルゲインに替わります。
この場合は当然新築した当時の物件価格よりも評価額が下がるので、それまでの経営状態が悪ければ損失を計上するというリスクを負います

キャピタルゲインはその性格上ハイリスクハイリターンの取引方法と言えます。
例えば株価を安値のうちに購入して、高騰した時点で上手く売却できれば大きな利益になりますが、一向に株価が上昇しなかったり、逆に下落するようなことがあれば大きな損失を生むリスクがあります
以上の様に、リスクは完全には回避できないので、予めどのような不利益が発生するか検証し、自分で容認できる許容範囲を評価しておくことが大切です。

サイト情報も参考にする

資産運用に最適と評価の高いサイトには各投資先ごとのリスク管理方法なども掲載中です。
この様な情報も評価の対象に、どのような方法がデメリットを最小限に抑えられるかを事前に計画しておきましょう

資産運用方法の投資信託でリスクとリターンを評価する

資産運用の方法の一つにファンドといわれる投資信託があります。
投資信託は株式投資のように、自分で株価の推移に注視し、売り買いのタイミングを見計らうといった醍醐味はありませんが、相場を見誤って大きな損失を出すリスクが少ないのも魅力です。
ではリスクが少ないということは、その側面でもあるリターンも少ないのでしょうか。

投資信託とは

投資信託は株式投資のように、自分で株式銘柄を選定したり、売り買いのタイミングを見計らったりするのでなく、信託会社にお金を預け、信託会社は沢山の顧客から預かったお金で株式や債券に投資運用する一つの商品名で、ファンドともいわれるものです。

自分自身で銘柄を決め、売買のタイミングを見極めて結果に一喜一憂する醍醐味はありませんが、プロが運用してくれている分リスクは少ないというメリットがあります。

投資信託のリスクとリターンは

ただプロが運用するとは言え、リスクがない訳ではありません。
もちろん株式でも一般投資家が行う場合よりも負ける確率や、損切りを見極める目は確かなはずです。
それでも必ず全勝が保証されているわけではありません
また個人で株式運用する場合に比べ、安心感があるので大きな投資をすることもあり、勝てば配当金も多くなりますが、その分負ければ損失も大きくなります。

一方リターンですが、儲けは出資者の出資率で山分けなので、個人で行っているような独り占めにはなりません
どちらかと言えばローリスク・ローリターンの部類に入る投資法と言えそうです。

ファンドのメリットをどう評価するか

ファンドには様々なメリットがあります。
まず株式のような事前の大きな資金が必要なく、10,000円程度からでも始められます
また前述のようにプロが運用してくれるので、損失を出す可能性が低くなります。
更に信託会社におまかせで運用できるので、サラリーマンや自営業など仕事を持っていて忙しい人でも煩わしい管理が必要ありません。
そしてもう一点、一つの銘柄だけでなく、いろいろな銘柄や債券、海外為替など多岐に分散投資できるので、リスクを分散できることもメリットのひとつです。

一方、ファンドには買付手数料や管理費といった出費もあり、元本も保証されていないというデメリットもあります。
このメリットとデメリットをどう評価するかも重要となります。

手持ち資金やリスクへの考え方で評価も違ってきますが、資産運用に最適と評価の高いサイトなどには、既にファンドを利用している人の意見なども書き込まれているので、参考にしてみてはいかがでしょう。

資産運用で不動産投資と株式投資を評価する

資産運用は大きく分けると現物運用と現金運用の2種類に分けられるのではないでしょうか。
現物とは土地や建物などを投資の対象にする不動産運用で、現金とは株式投資やFXなど現金そのものを投資する運用方法です。
同じ投資でもこの両者は大きく異る異なる性格の資産運用方法です。

不動産運用

不動産運用には土地の転売や、駐車場経営、アパートやマンションを経営して家賃を得るといった事が考えられます。
この中で土地の転売については、性格が株式投資などに似ています。
いわゆる安く買った土地に何らかの付加価値を加えて、購入価格よりも高く売却して差益を得るわけですから、厳密には現金運用とも言えます

一方、駐車場やアパート経営は最初の設備投資には大きなお金が必要ですが、借り手が見つかれば継続して駐車場代や家賃が入ってきます。
しかし、どんな資産運用にもリスクが有り、当然不動産投資にも借り手が見つからないとか、空き部屋が発生するといったリスクや、設備の老朽化、近くにもっと人気の賃貸物件が建てられるなどのいろいろなリスクが考えられます。
これらをどう評価して投資するかも重要です。

株式運用

現金運用の代表とも言えるのが株式投資ではないでしょうか。
将来株価の上昇が期待できる銘柄を購入し、狙い通りに高騰すれば売却して差益を得る。
長期安定株を購入して、その配当金をもらい続ける。
また日本独自の特権とも言える優待券や優待割引を利用して、お得に生活に潤いをもたらすなど、株式投資にはいろいろな魅力があります。

しかしその反面、当然株価が予想以上に暴落したり、最悪の場合は会社の倒産なども考えられます。
また株式はその会社単独の業績だけでなく、為替レートや原油価格、ライバル企業や関連子会社の業績などいろいろな要素で株価が大きく変動するので、なかなか素人が評価するには難しいという一面もあります

評価の参考にもなる資産運用サイト

インターネット上には資産運用に最適と評価の高いサイトがいくつもあります。
不動産運用に特化した情報サイトも、株式投資に特化したサイトももちろんあります。
またそれらを総合的に評価して、どれが初心者におすすめかを論じたようなサイトも有り、その中には先輩投資家の評価が見られる口コミ情報などもあって、自分ひとりで評価しづらい部分も参考にすることが出来ます。

時には第三者の意見を参考にしてみると、思わぬ答えが見つかるものです。
今後の資産運用で現物投資でチャレンジするか、現金投資ではじめてみるか、決め兼ねているようであれば、評価の高そうなサイトも参考にしてみてください