不動産投資の資産運用で目にする積算評価とは

不動産、とりわけ土地を所有している人は、土地活用で資産を増やせないかと考えるのは自然な流れです。
不況の中、土地という不動産を持っているだけでいざという時の保険に。
しかし肝心なのはその土地をどう評価して、どのように役立てるかです。
不動産で資産運用を考える場合、その評価には積算評価というものがありますが、ご存知でしょうか。

不動産の積算評価

親から引き継いだ土地や建物がある。
これは将来万が一の場合には大きな保険になりますね。
ただそんな先のことよりも固定資産税も大変なので、早々に売ってしまって現金に変えたいという人もいることでしょう。

土地を売却するにしても、何かに転用して土地活用で収益を得るにしても、その土地の評価価値を把握しておくことが大切です。
そこで不動産による資産運用に最適と評価の高いサイトなど確認すると『積算評価』という文字を目にすることがあります。
この積算評価とは何か。

土地の評価価値を算出する場合、面積に路線価と言うものを掛けた値が資産価値になります。路線価は毎年国土交通省が公示する地価価値で、路線価はおおよそその値に8割を掛けた数字に。正確にはこれに掛目が考慮されますが、ここでは省略いたします。

もちろん建物にもこうした積算評価基準があり、例えば不動産を担保に銀行から融資を受ける場合には、土地と建物は別々に積算評価して合算する方式が取られます。

不動産の使いみちを検討

このように不動産で資産運用を考えているのであれば、自分の持っている不動産を正しく評価しておくことが大切です。
積算評価を把握しておけば、その先どのような運用ができるかの目安になります。
次はその不動産をどう使うのか検討します。
その前にどういった目的で運用していくのかを明確にしておくことが大切です。
今直ぐまとまった資金が必要というわけでなく、固定資産税負担を軽減するためだけであれば、もっと有効な土地活用方法があるかもしれません。
その時大切なのがインカムゲインキャピタルゲインという考え方です

資産運用での受益方法

不動産に限らず、何らかの資産運用で利益を得る場合、その資産を手放さずに持ち続けることで利益を得るインカムゲインと、逆に手放してしまう(売却する)事で利益を得るキャピタルゲインがあります
まさしく不動産は手っ取り早く売ってしまえばキャピタルゲインで、その土地を駐車場にして貸したり、果樹園などにして付加価値を加えることで利益を生み続ければインカムゲインになります。
どのように資産を増やすかは判断力によります。

資産運用のインカムゲインとキャピタルゲインを評価し運用方法を判断する

資産運用の評価の決め手はリスクとリターンのバランスです。
たとえ大きなリターン(利益)が得られる資産運用方法でも、自分の許容範囲を超えたリスク(不利益)が伴うものなら、安易に手を出さない方が賢明です。
例えば自分が今現在持っている資産をすべて失っても仕方ないが、借金だけはしたくないという許容範囲の線引がある場合、そのことを前提に投資方法を評価しなければなりません。

資産運用における儲けのしくみを理解する

資産運用における儲けのしくみは単純に2つしかありません。
資産運用方法は株式であったり、国債やアパート経営、投資ファンドなど様々な方法があります。
しかしいずれもインカムゲインとキャピタルゲインという2つの儲けのしくみに大別されます。
インカムゲイン:手元の資産を保持することで得られる儲け
キャピタルゲイン:手元の資産を手放した時に得られる儲け

不動産投資を例に簡単に説明すると、土地活用で駐車場やアパートという資産を持ち続ければ、借り手がいてくれる限り利益(儲け)が得られます。
これがインカムゲインです。
一方アパートが老朽化し、建て替えよりも手放した方が得だと評価し、その時に入ってくる売却益がキャピタルゲインです。

投資には必ずリスクとリターンの関係があり、その大きさの大小はあってもいずれもこの2つに分別されます。

手持ちの資産を評価して目的を明らかにする

資産運用を始めるには必ずその目的があるはずです。
目的が明確でなく、ただ何となく将来が不安なので取り敢えず何かやってみようという考えだと高い確率で失敗します。
まずは手持ちの資産を評価してみましょう

例えば運用に利用できる不動産はないが少しまとまった現金がある。
目的は40歳までに脱サラして、フランチャイズで自分お店をもつこと
目標は今後10年間で開業資金の10,000,000円を貯めることとしましょう。
そうなると10年間という期間が長いので、一時的に大きなリターンが得られるキャピタルゲインでなくても、毎月コツコツと資産を貯めるインカムゲインの方法の方が向いているという評価ができます。
このようにまず最初に投資の目的を明確にしておくことは重要です。

目的が決まったら投資方法を決める

次はいよいよ投資方法の決定です。
参考になるのは資産運用に最適と評価の高いサイトなどの情報です。
あなたと同等の目的や目標を持って投資している人の口コミ情報などを探して評価し、参考にすると良いでしょう。
もしかするとサイトを通じて情報交換の場が開かれるかもしれませんよ。

資産運用で発生するリスクを予め評価し許容範囲を決めておく

資産運用はどのような投資を選んでも必ず何らかのリスクは覚悟しなければいけません。
仮に全くリスクがなくて誰でも参入できるような資産運用方法があれば、多くの人が群がり、市場が飽和して儲けが薄くなるというリスクが発生するはずです。
したがって資産運用を始めるのであれば、予めどのようなリスクが考えられるのか検証し、どの程度までなら許容範囲なのかを評価しておくことが大切です

資産運用で利益を得る方法

何かに投資して利益を得る方法は以下の2種類に大別できます。

インカムゲイン:安定した株式を保有し配当金を得続けたり、アパート経営で家賃を得続けるといった、資産を手放さすに保有し続けることによって得られる利益です。

キャピタルゲイン:持っていた土地を買い取ってもらったり、株価が上昇したので売却して差益を得たりと、資産を手放すことで得られる利益です。

資産運用と一口に言ってもその方法は様々です。
しかし利益の得られる方法はこの2つに限定されます。
あくまでも一般論ですが、この2つを評価した場合、インカムゲインに比べキャピタルゲインの方がリスクは高くなります

資産運用のリスク

インカムゲインは資産を保有し続けるので、例えばアパートで空き室が多くて利益が少なくなるというリスクを負っても、土地やアパートは残るので新たに改装するといった戦略でもう一度やり直すことも出来ます。
ちなみにアパート経営をやめてしまって、その物件を売却すればその時点でキャピタルゲインに替わります。
この場合は当然新築した当時の物件価格よりも評価額が下がるので、それまでの経営状態が悪ければ損失を計上するというリスクを負います

キャピタルゲインはその性格上ハイリスクハイリターンの取引方法と言えます。
例えば株価を安値のうちに購入して、高騰した時点で上手く売却できれば大きな利益になりますが、一向に株価が上昇しなかったり、逆に下落するようなことがあれば大きな損失を生むリスクがあります
以上の様に、リスクは完全には回避できないので、予めどのような不利益が発生するか検証し、自分で容認できる許容範囲を評価しておくことが大切です。

サイト情報も参考にする

資産運用に最適と評価の高いサイトには各投資先ごとのリスク管理方法なども掲載中です。
この様な情報も評価の対象に、どのような方法がデメリットを最小限に抑えられるかを事前に計画しておきましょう

資産運用方法の投資信託でリスクとリターンを評価する

資産運用の方法の一つにファンドといわれる投資信託があります。
投資信託は株式投資のように、自分で株価の推移に注視し、売り買いのタイミングを見計らうといった醍醐味はありませんが、相場を見誤って大きな損失を出すリスクが少ないのも魅力です。
ではリスクが少ないということは、その側面でもあるリターンも少ないのでしょうか。

投資信託とは

投資信託は株式投資のように、自分で株式銘柄を選定したり、売り買いのタイミングを見計らったりするのでなく、信託会社にお金を預け、信託会社は沢山の顧客から預かったお金で株式や債券に投資運用する一つの商品名で、ファンドともいわれるものです。

自分自身で銘柄を決め、売買のタイミングを見極めて結果に一喜一憂する醍醐味はありませんが、プロが運用してくれている分リスクは少ないというメリットがあります。

投資信託のリスクとリターンは

ただプロが運用するとは言え、リスクがない訳ではありません。
もちろん株式でも一般投資家が行う場合よりも負ける確率や、損切りを見極める目は確かなはずです。
それでも必ず全勝が保証されているわけではありません
また個人で株式運用する場合に比べ、安心感があるので大きな投資をすることもあり、勝てば配当金も多くなりますが、その分負ければ損失も大きくなります。

一方リターンですが、儲けは出資者の出資率で山分けなので、個人で行っているような独り占めにはなりません
どちらかと言えばローリスク・ローリターンの部類に入る投資法と言えそうです。

ファンドのメリットをどう評価するか

ファンドには様々なメリットがあります。
まず株式のような事前の大きな資金が必要なく、10,000円程度からでも始められます
また前述のようにプロが運用してくれるので、損失を出す可能性が低くなります。
更に信託会社におまかせで運用できるので、サラリーマンや自営業など仕事を持っていて忙しい人でも煩わしい管理が必要ありません。
そしてもう一点、一つの銘柄だけでなく、いろいろな銘柄や債券、海外為替など多岐に分散投資できるので、リスクを分散できることもメリットのひとつです。

一方、ファンドには買付手数料や管理費といった出費もあり、元本も保証されていないというデメリットもあります。
このメリットとデメリットをどう評価するかも重要となります。

手持ち資金やリスクへの考え方で評価も違ってきますが、資産運用に最適と評価の高いサイトなどには、既にファンドを利用している人の意見なども書き込まれているので、参考にしてみてはいかがでしょう。

資産運用で不動産投資と株式投資を評価する

資産運用は大きく分けると現物運用と現金運用の2種類に分けられるのではないでしょうか。
現物とは土地や建物などを投資の対象にする不動産運用で、現金とは株式投資やFXなど現金そのものを投資する運用方法です。
同じ投資でもこの両者は大きく異る異なる性格の資産運用方法です。

不動産運用

不動産運用には土地の転売や、駐車場経営、アパートやマンションを経営して家賃を得るといった事が考えられます。
この中で土地の転売については、性格が株式投資などに似ています。
いわゆる安く買った土地に何らかの付加価値を加えて、購入価格よりも高く売却して差益を得るわけですから、厳密には現金運用とも言えます

一方、駐車場やアパート経営は最初の設備投資には大きなお金が必要ですが、借り手が見つかれば継続して駐車場代や家賃が入ってきます。
しかし、どんな資産運用にもリスクが有り、当然不動産投資にも借り手が見つからないとか、空き部屋が発生するといったリスクや、設備の老朽化、近くにもっと人気の賃貸物件が建てられるなどのいろいろなリスクが考えられます。
これらをどう評価して投資するかも重要です。

株式運用

現金運用の代表とも言えるのが株式投資ではないでしょうか。
将来株価の上昇が期待できる銘柄を購入し、狙い通りに高騰すれば売却して差益を得る。
長期安定株を購入して、その配当金をもらい続ける。
また日本独自の特権とも言える優待券や優待割引を利用して、お得に生活に潤いをもたらすなど、株式投資にはいろいろな魅力があります。

しかしその反面、当然株価が予想以上に暴落したり、最悪の場合は会社の倒産なども考えられます。
また株式はその会社単独の業績だけでなく、為替レートや原油価格、ライバル企業や関連子会社の業績などいろいろな要素で株価が大きく変動するので、なかなか素人が評価するには難しいという一面もあります

評価の参考にもなる資産運用サイト

インターネット上には資産運用に最適と評価の高いサイトがいくつもあります。
不動産運用に特化した情報サイトも、株式投資に特化したサイトももちろんあります。
またそれらを総合的に評価して、どれが初心者におすすめかを論じたようなサイトも有り、その中には先輩投資家の評価が見られる口コミ情報などもあって、自分ひとりで評価しづらい部分も参考にすることが出来ます。

時には第三者の意見を参考にしてみると、思わぬ答えが見つかるものです。
今後の資産運用で現物投資でチャレンジするか、現金投資ではじめてみるか、決め兼ねているようであれば、評価の高そうなサイトも参考にしてみてください

資産運用を始めるなら結果の評価方法も身につける

資産運用を始めるなら、誰でもリスクは最小限にリターンは大きくというのが本音ですよね。
でも実際には利益に比例して、リスクも大きくなるものがほとんどです。
資産運用を始める前にどれだけの利益が必要で、どこまでもリスクなら許容範囲かと言ったことをきちんと明確にしてから、何に投資すべきかを評価しておくことが大切です。

各運用先のメリット・デメリットを評価

株式投資やFXを始めるにしても、どのような投資にも必ずメリットとデメリットがあります。
これらを事前に評価して、リターン(利益)よりもまずはどこまでのリスクを負えるかを明確にすることが大切です
その結果を踏まえて、許容範囲の中で行える運用先を決めましょう。

もちろんリスクを小さく抑えれば、リターンも小さくなります。
それでも仮にあなたの目標が数年先の成果を期待しているのであれば、最初は低リスクの資産運用から始め、ある程度資金や知識、経験が備わってきたらリスクは高くてもリターンの大きな投資に切り替えればいいのです。

運用先のメリットとデメリット、自分のリスクに対する許容範囲をしっかりと評価して、一歩ずつステップアップしていきましょう。

運用を始めたら結果の評価も大切

資産運用を始めたら、良くも悪くも結果が現れます。
思わぬ大きな利益が得られたなら、ただの偶然だったのか、当然の結果だったのか。
想定以上の損失があった場合は、まだその投資を続けるべきなのか、もっと別の運用先に切り替えるべきなのか。
そういった結果の確認と検証・評価が大切です。

1回の行動(投資)に対し、1回のチェックを行い、新たなプランを練り直し、次のステップへ投資するPDCAを常に回し続ける事が成功への近道になるはずです。

迷ったらサイト情報も参考に!

資産運用を行っていくうちには、いろいろな壁にぶち当たり、迷いも生まれるはずです。
そんな時には先輩投資家の経験や意見、感想などが書き込まれた口コミサイトなどを参考にすると良いでしょう。
資産運用に最適と評価の高いサイトであれば、ういった口コミ情報も豊富で、きっとあなたのヒントになる情報も見つかるはずです。
もしそのヒントであなたの問題が解決し、運用で大きな成果が得られたなら、是非その経験も次の誰かのために口コミサイトに反映してあげてください。
誰かに教えることは、きっとあなた自身の成長にも繋がりますからね。

資産運用に迷ったら役立つ情報満載の評価サイトを参考に!

そろそろ資産運用をと考えてはいるものの、いざとなると何から初めていいのか迷いますよね。
株式やFX,投資信託に不動産。
NISAって何?
これまで無縁だった資産運用には疑問もいっぱいのはずです。
そんな時こそ便利なのがネットです。

資産運用の情報源にはネットが便利

銀行の壁面案内板には資産運用やNISA(ニーサ)の文字が踊り、自分もそろそろ真剣に資産運用を検討しようと考えている人は多いと思います。
しかし株式投資を行うには銀行ではなく、証券会社に口座をつくることになるので、FXであればFX会社との取引になります
「近所に銀行はあるけれど、証券会社やFX会社はないなぁ」と迷っている人もいるかもしれませんね。

またご近所が始めた空き地を利用した駐車場経営も簡単で良さそうだし、叔父さんがやっているアパート経営も儲かっているらしいから選択肢に入れておきたい。
でも不動産投資って、意外に維持管理が大変そう。

「何かリスクが少なくて儲かる運用方法はないのかなぁ」
そんな風に悩んでいる人は結構いそうですよね。
そんな時に事参考になるのがネット上の評価サイトです。
資産運用に最適と評価の高いサイトには、初心者が始めるのに最適な運用方法や、各投資先のメリット・デメリットなどが比較検討され、何が最適かを評価してくれてあります。
これらの情報源は、近くに相談するべき人や会社がない場合でも十分参考になり便利です。

最低限目的は明確に!

とは言っても、あなた自身の資産運用に対する明確な目的がなければ、貴重な情報もただ眺めているだけに終わってしまいます。
ただ闇雲に情報を漁ってみても、求めている回答は得られないかもしれません。
銀行で見かけた『資産運用』のポスターにただ何となく自分もと思っただけでも、その先の『何のために資産運用をするのか』という目的についてはハッキリとしておきたいですね。

もし仮に目的がまだハッキリと決まっていないのであれば、今自分はどのような環境にあるのかを評価してみると答えが見つかるかもしれません。

何が出来るのかを考えてみる

今自分がどのような環境にあるのかということは、今自分には何ができるのかということですね。

・ある程度のまとまった現金は用意できるが、会社の残業も多くて時間がない。
・休日には親から引き継いだ山林の手入れをしているが、ハッキリ言ってこの土地を別の用途に使いたい。
・子どもが小さくて預貯金もそれほど貯められないが、いずれ大学へ進学させる時の学費を今からコツコツ貯めておきたい。

と言ったことを鑑みて情報サイト確認すれば、きっとヒントが見つかりますよ。

資産運用の評価に対する理想の考え方

突然の話になりますが、今持っている資産がどのくらいの価値があるのか、客観的に把握してみようと思ったことはないでしょうか?もう少し分かりやすく言うと、「自分が苦労して作ってきた資産と運用が間違いなく価値あるものであるということを周囲から評価をしてもらってみることを考えること」ということです。

足りないレベルという事実にぶつかった時

例えば、金融商品の加入によって得られる配当金、NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)の運用をしていて万全と思っていたけど、その後に「まだまだ足りないレベルだった」という事実にぶつかったとしましょう。

その結果、下記の考え方に分かれると思います。

・それでもいいと割り切って現状維持する人
・今よりも高い評価にするために模索する人

これは、一見相反するように見えますが、前者はそういう見方があると勉強にはなった、後者は前向きになった、という見方もできなくはありません。そのため、「どちらにとっても新たな資産運用の展開が起きる可能性があって決して無駄ではなかった」という共通点を感じることはできます。

資産運用を確実なものにするには

つまり、資産運用をより確実なものとするためには、前向きまたは何か起きそうだと期待を持つことができる考え方になることが求められます。そのため、冒頭の問いかけをしたということです。

そして、そのためには単なる知識や事例の確認だけではなく、あなたの資産運用を評価することでその考え方になるように、インターネットにある関連サイトを見つけるところから始めるのが手っ取り早いでしょう。

ただし、たくさんある関連サイトから探すのは容易なことではありません。その時は、「○○を評価したいならここ」と単純な方針で探すことで確率は上がることでしょう。

リサーチは入念に

例えば、保険の評価をしたいと思ったら、「保険市場」というサイトが該当します。ここでは、あらゆる生命保険と損害保険の基本的な解説や、代理店の検索、保険料や保険会社の検索とかもできます。これは、究極の「万が一の保障(損害保険の場合は補償)」で、これがあって生活の困ったことに対するベースが出来上がって、旅行、仕事、家事などができたりします。ただ、保険貧乏と揶揄されるほどたくさん加入して莫大な保険料を支払くらいになるのは、本末転倒ですから、しっかりと加入する際の基準は設けなくてはなりません。

さいごに

求めているのは、病気、収入が途絶えた、訴訟を起こされたといった場合に備えるといった明確な基準を設けておくとより理想の保険の加入像を目指せるでしょう。
こういった流れで、他の分野もどんどん開拓していきましょう。

資産運用の評価のタイミングを関連サイトの情報を参考に考えよう!

1991年のバブル崩壊から今年で早28年。

まもなく、「失われた20年」にとって代わり「失われた30年」と呼ばれる日も近い昨今ですが、あの時と比べると、サラリーマンのみならず経営者、主婦、高齢者などの表情は、多くは暗く感じることでしょう。多くの日本人が、この時にできた負の反動に振り回された影響が今も続いている証拠です。

バブル世代の人の話では

しかし、仮にこの時と同等またはそれ以上の経済状況が再来したとしても、ディスコに通ったり高級車を乗り回したりといった光景がみられるかと言いますと、必ずしもそうとは言えない気がします。この長きにわたる不景気の影響で、何事も堅実に進めようとする動きがあるからです。かつて、バブル世代と言われた50代以降の方々の話を聞くと「あのころのようなお金の在り方や使い方は、今の日本にはできることではない」という話はよく聞きます。しかし、そんな中だからこそ資産運用が一定の評価ある取り組みと言えるでしょう。

人生の幸福とは?

資産運用は単なる生活の向上を目指すだけではありません。お金、土地、会社などで作り上げてきた功績といったものから、妻、子供、親といった家族の形成など、人生を形成するすべてのものを「資産」に置き換えて考えることで、時代の波に翻弄はされてきたとはいえ、決して無駄なものばかりではないと振り返ることができます。それを実感できたとき、人生の幸福を実感できることでしょう

資産運用の評価

というわけで、自分の資産運用はどう評価されるかということについて考える必要があります。そのタイミングは、「いつやるの、今でしょ!」という言葉もある通り、それこそすぐと行きたいところですが、実際のところ、なかなかそうもできるものではないでしょう。

それなら、下記のタイミングで考えてみることを提案します。

・成人したとき
・中学校を卒業し義務教育を終えたとき
・高校または大学、専門学校など義務教育ではない教育機関を卒業したとき
・会社に入社して社会人としてスタートを切った時
・ある程度の社会人としての経験を積んで引き続き出世コースを歩もうとするとき
・独立志向が出て開業に向けて動き出したとき
・実際に独立開業したとき
・会社を事業承継したとき
・結婚したとき
・子供ができたとき
・子供が独立したとき
・定年または自主退職をしたとき
・ひと段落ついて落ち着いた余生を考え始めたとき

こういった人生の節目の時に評価することで、より価値あるものになります

さいごに

もし、それでも自信がない、怖いといった後ろめたさがあるなら、あなたの資産運用を評価することができる可能性がある情報を掲載したサイトを検索して、そこに投稿されている実録ネタを見てみるところから始めるのも手です。そこには、絶対に同じ悩みを持った人たちが、勇気を振り絞って投稿したものがあります。それは一つの指針になることでしょう。読んでいるうちに落涙するくらい共感するものもあるかもしれません。新たな発見を自らしていきましょう。

資産運用に役立つと評価の高いサイトは本当に役に立つのか

自分も何かに投資をして資産運用を始めてみたい。
でも一体何から手を付け、何をどうやったらいいのか分からないという時に、本屋さんへ専門書を購入に走るよりも、インターネットで資産運用に関する情報を集めた方が手っ取り早いですよね。
中でも出来れば資産運用に最適と評価の高いサイトを選んで情報収集するはずです。

資産運用に役立つサイト

ネット上には資産運用にも参考になるサイトがたくさんあります。
先ずはまだ何に投資をすればよいのかも決め兼ねているのであれば、初心者が始めるのに最適な運用先をランキング形式にして紹介しているサイトもあります。
例えばFXでの取引をお勧めしている場合は、なぜFXが初心者に向いているのか。
メリットやデメリットを説明しているだけでなく、他の投資法と比べて何が優れているのかも評価されています。

次に投資するべき対象が決まれば、その分野で役立つサイトを探します。
FXで資産運用を始めるのであれば、選ぶべきFX会社を細かく分析評価したサイトがいくつかあり、またFXでの必勝法などを解説したような情報もたくさんヒットしてきます。
しかしこれらのサイトの情報は初心者にとっても本当に役に立つのでしょうか。

情報を見極める

まず大切なのはきちんと初心者の目線で情報を発信してくれているサイトを見つけることです。
難しい業界用語ばかりが並んでいても、その時点で意味が理解できずにくじけてしまいます。
次に大切なのが、本当に資産運用に有益な情報が集まった評価の高いサイトを選ぶことです。
そのひとつの指標が、きちんとデメリットやリスクについても解説されていたり、メリットと対比して評価されていることです。
物事には全て良い面と悪い面があり、資産運用にもデメリットやリスクが必ずあります。
良い面だけを解説して投資の世界へ誘っている情報はあまり役に立つとはいえません。
しっかりとデメリットやリスクに対しても注意を促してくれ、更にそういった場合の対処法まで解説してくれているサイトこそが評価の高いサイトと言えます。

口コミも参考にする

ネットの情報で参考になるものに口コミ情報があります。
これから始めたいと考えている資産運用方法の先駆者が発信してくれている体験談などは、仕組みや手順の解説とはまた違った知識が得られ、実際の成功例や失敗例を評価しながら学ぶことは何物にも代えがたい財産になるはずです。