ポートフォリオは意識した資産運用の評価もまた大事です!

資産運用も含めて金融の勉強をしていくと必ずと言っていいほど目にしたり聞いたりする言葉の一つに「ポートフォリオ」があります。これは、一言でいえば「金融商品の組み合わせ」を意味する言葉です。もともとは「書類を入れる」といった言葉からの派生です。

多大なコストも予想される

そもそも、資産運用の理想形は、「保険の加入や株式の購入、不動産による収入といった考えられること全てを成功させ、それらをレーダーチャートに表示すれば全ての分野がMAX値に届く状態」という思う人は多いかもしれません。
しかし、それは簡単にできることではないのです。なぜなら、それを維持するために多大なコストも予想されることや、相応のリスクも抱えてしまう可能性があるからです。よって、個人、法人の形態を問わず理想のように見えて現実的ではないということです。

資産運用が評価されるのは?

では、どんなものが資産運用の理想形と言いますと、必要以上のコストをかけずに各々の事情に即した理想的なバランスを成り立たせる状態です。逆に言えば、資産運用が評価されるのは、その点ができているかと言えます。
事例に挙げますと、例えば、保険の加入をする際のことを「これだけの保障があれば安心」と言わるがままに入ったとしましょう。その後、平穏無事に過ごしたため保険金の請求が特に発生しないという状況が続けば、保障内容と共に支払う保険料の見直しも考えるようになるかもしれません。万が一というのはいつ起きるか分からず、安易に断行するものでもなく、「このお金を別なことに投資できたらいいのではないか」という思いを無理して抑えるのも得策とは言えません。

分析をすることは必須

株式の購入にしても、これから伸びるA社の株がとてもよさげに見えますが、「10年後にはB社が追い抜く」と分析できたら、ある程度の割合配分を考えて購入した方がいいかもしれないといったことが想像できますよね。
こういった、持っている金融商品のポートフォリオのバランスが加入当時のままでも大丈夫かどうかの定期的な評価もまた資産運用のポイントです。そして、それに関して悩みがあれば、あなたの資産運用を評価するサイトの存在を知っておくことです。
そこには、資産運用を進めている人たちがどういうタイミングで今までのことを振り返るかを取り上げた記事もあがっていますので、一度確認してみることです。

いかがでしたか?

最後に、ポートフォリオをもっとわかりやすく言うと、「上腕二頭筋と逆三角形で構成された引き締まった体つき」といったところです。無駄がなくて目を惹きますよね。それと同じくバランスが取れたものであれば、金融商品をよく考えて組み合わせて運用されていて、リスクも最小限に抑えている印象を持たれやすくて高い評価を得られるでしょう。ぜひ、頑張って目指しましょう!