資産運用の評価に対する理想の考え方

突然の話になりますが、今持っている資産がどのくらいの価値があるのか、客観的に把握してみようと思ったことはないでしょうか?もう少し分かりやすく言うと、「自分が苦労して作ってきた資産と運用が間違いなく価値あるものであるということを周囲から評価をしてもらってみることを考えること」ということです。

足りないレベルという事実にぶつかった時

例えば、金融商品の加入によって得られる配当金、NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)の運用をしていて万全と思っていたけど、その後に「まだまだ足りないレベルだった」という事実にぶつかったとしましょう。

その結果、下記の考え方に分かれると思います。

・それでもいいと割り切って現状維持する人
・今よりも高い評価にするために模索する人

これは、一見相反するように見えますが、前者はそういう見方があると勉強にはなった、後者は前向きになった、という見方もできなくはありません。そのため、「どちらにとっても新たな資産運用の展開が起きる可能性があって決して無駄ではなかった」という共通点を感じることはできます。

資産運用を確実なものにするには

つまり、資産運用をより確実なものとするためには、前向きまたは何か起きそうだと期待を持つことができる考え方になることが求められます。そのため、冒頭の問いかけをしたということです。

そして、そのためには単なる知識や事例の確認だけではなく、あなたの資産運用を評価することでその考え方になるように、インターネットにある関連サイトを見つけるところから始めるのが手っ取り早いでしょう。

ただし、たくさんある関連サイトから探すのは容易なことではありません。その時は、「○○を評価したいならここ」と単純な方針で探すことで確率は上がることでしょう。

リサーチは入念に

例えば、保険の評価をしたいと思ったら、「保険市場」というサイトが該当します。ここでは、あらゆる生命保険と損害保険の基本的な解説や、代理店の検索、保険料や保険会社の検索とかもできます。これは、究極の「万が一の保障(損害保険の場合は補償)」で、これがあって生活の困ったことに対するベースが出来上がって、旅行、仕事、家事などができたりします。ただ、保険貧乏と揶揄されるほどたくさん加入して莫大な保険料を支払くらいになるのは、本末転倒ですから、しっかりと加入する際の基準は設けなくてはなりません。

さいごに

求めているのは、病気、収入が途絶えた、訴訟を起こされたといった場合に備えるといった明確な基準を設けておくとより理想の保険の加入像を目指せるでしょう。
こういった流れで、他の分野もどんどん開拓していきましょう。