資産運用の評価には所得税などの税金を知ることも必要です!

資産運用と聞くと、複雑な内容を連想する人は多いでしょう。確かに、金融商品をうまく活用することや、元から保有している資産から収入形成をしなくてはなりません。しかし、それら以外にも対応しておかないといけないのが税金の存在です。
ただ、一言で税金と言っても、相続によって発生する相続税、贈与によって発生する贈与税、あとは毎日の食材や生活用品などを購入することで一定の税率がかかる消費税などさまざまです。

基本を理解しておきましょう

せっかく、苦労して設計した資産運用で入るようになったお金の一定額の納税という現実は、納税の義務があるとは言えなんとかならないものかと考えがちです。ただ、それをどうにかしようと思っていても、税金自体が難しいため、公認会計士や税理士、ファイナンシャル・プランナー、資産運用のコンサルタントといった専門家に任せがちです。
ただ、普通にサラリーマンの立場ならそれで止まってもいいかもしれませんが、自ら資産運用をする立場であれば、基本だけでもいいので理解をしましょう。その取り組みもまた評価される要素です。

所得税の基本となるものは10種類

例えば、資産運用に大きく関わってくる所得税の基本は押さえておきましょう。恐らくこれがもっとも考えなければならない税金です。全部で10種類あります。よく見かけるものもあれば、どういったことを指すのか、内容が不透明に感じるものもあったりします。
特に関連ある種類をご紹介しましょう。
事業所得、不動産所得、配当所得、山林所得に加え、譲渡所得(土地、建物、株式、ゴルフ会員権)、一時所得(懸賞、クイズの賞金など)、雑所得公的年金(生命保険年金など)

サイトには税金の仕組みがわかりやすく掲載

上記は基本になりますが、これだけでも「○○を得たらこの形で税金がかかる」という認識になることで、それに備えた税金対策を考えるようになるでしょう。それもまた、資産運用の必須事項です。人は、生きているというだけで何かしらの税金がかかるものですね。
幸いなことに、あなたの資産運用を評価することができると思われるサイトには、こういった税金の仕組みが初心者でも理解できるように解説も交えて掲載されているし、うまく対策をしたことで還付金を受けることができるネタも投稿されています。これを聞くと、税金とて、対応次第では資産運用をうまく運ぶための役割を果たせる可能性があるということです。